簡易スタンド|LPG車|LPGオートスタンド|オートコンポ|カグラ|カグラベーパーテック|KAGLA
オートコンポ
差圧式スタンドはカグラの「オートコンポ」!
 
  自家用と販売用、貯槽シングルとダブルの
4モデルをラインナップ。
   
   
 
製品概要
高圧ガス保安法(第二種製造設備)
自動車から排出される有害物質による環境汚染が深刻な問題となっており、クリーンなLPG車への期待が大いに高まっています。カグラは過去に150ヶ所を超えるオートスタンドを建設してきた経験と、新バルク供給システム「バイオバルクコンポ3000」で培ったコンパクト化のノウハウを生かし、安全性に優れた簡便なオートガススタンドを実現しました。インフラ整備の観点から、LPG車の更なる普及に貢献したいと考えています。
≫差圧式スタンド開発への想い
≫「仕様書/図面、CAD図面、取説、カタログ」ダウンロード
 
※写真は標準モデル
≫導入事例  タクシー会社(09.5.18)
≫導入事例  自動車学校(09.3.9)
≫導入事例  ガス販売会社(05.12.19)
≫導入事例  自動車学校(08.2.11)
 
特長
 
1.貯槽自体を加圧・加温しません。
オートコンポは、プロセスチャンバーに払い出された少量(50L)のLPガスだけを蒸発器で加圧する方式です。貯槽そのものに圧力を加えたり、温めたりすることはありませんので、安全性に優れ、処理量もわずかです。
2.LPガス以外の高圧ガスは不要です。
オートコンポは、天然ガス・窒素といった異種ガスとの圧力差を利用するのではなく、LPガスの自圧で充填を行います。従って、LPガスに異種ガスが混入する心配がありません。また、わざわざこの設備のために異種ガスを準備する必要もありません。
3.プロパンも使用できます。
オートコンポは、充填用のLPガスに蒸発器で差圧をつけて充填する方式ですのでオートガスだけではなく、寒冷地等でのプロパン使用車輌の充填にもお使いいただけます。
4.残液量に左右されません。
オートコンポは、プロセスチャンバーに払い出された定量のLPガスを加圧し、充填を行いますので、貯槽の残液量に関わらず一定の充填スピードを確保できます。
5.連続充填が可能です。
オートコンポは、貯槽そのものを加圧・加温せず、プロセスチャンバーへの加圧も充填の間のごく短時間だけです。従って、充填のたびに蒸発器により一定の条件で圧力を加えるだけで、何回でも連続充填できます。
6.究極の省スペース
カグラ独自のLPガス移充填システムと「バイオバルクコンポ3000」のノウハウを生かし、他社には真似のできない究極のコンパクト設計を実現しました。
7.行き届いた品質管理
多くの納入実績を誇る「バイオバルクコンポ3000」と同様、高い品質管理を誇る弊社工場で溶接・組立・検査を一貫して行います。完成された「工場製品」としての高品質と安心をお届けします。
 
仕様(標準モデル)
 
型 式
AC-SPA
AC-DPA
AC-SSA
AC-DSA
 適用法規
高圧ガス保安法(第二種製造設備)
 貯槽設備 1トンたて型LPガス
バルク貯槽×1基
1トンたて型LPガス
バルク貯槽×2基
1トンたて型LPガス
バルク貯槽×1基
1トンたて型LPガス
バルク貯槽×2基
 ディスペンサー型式
AY01C-TK
AY11N-T
 設備用途 自家用 販売用
 使用ガス オートガス/プロパン
 充填スピード(L/min)
夏季:16,冬季:21/夏季:13,冬季:18
 外形寸法  幅(mm)
2,200
3,600
2,500
3,900
 高さ(mm)
2,850 (放出管を除く)
 奥行(mm)
1,800
 重量(空)(kg)
約1,700
約2,850 約1,750 約2,900
 運転重量(kg) 約2,800 約5,050 約2,850 約5,100
 ユーティリティー 電源 AC100V (1KVA) ・ 計装空気 45?/分 (0.5~0.7MPa)
 貯槽受入口径 液側:20A、ベーパー側:10A
 液面外部警報装置 2点信号 または 連続信号
 付属品
1) LPガス制御盤 4) 熱源機 7) 遠隔監視盤 10) 弁開閉札一式
2) 空気圧縮機 5) ガス漏れ警報器 8) 消火器 11) 取扱・設置・施工説明書
3) バルブスタンド 6) パトライトブザー 9) 法廷必需品一式
 
※仕様等は予告なく変更することがありますので、ご購入時には改めてご確認ください。
 
充填システム図(標準モデル)